ニキビ・ニキビ跡へのピーリング体験

ケミカルピーリング体験レポート

今回は私が実際に体験したエステティックサロンで受けたニキビケア・ピーリングについてお話ししたいと思います。
私は思春期ニキビがひどく、大人になってからもなかなかニキビ跡が治らないので悩んでいました。
そこである都市のお正月に、テレビコマーシャルで見たエステティックサロンの期間限定キャンペーンに申し込んでみたのです。
そこで薦められたのが、こちらの大人ニキビランキングでも紹介されていたケミカルピーリングによるニキビ・ニキビ跡ケアでした。

ケミカルピーリング前のカウンセリング

エステティックサロンでまず行われたのが、お医者さんとの面談とカウンセリング、そして分析です。
休日の午後にエステサロンに向かい、助手のエステティシャンの方にお肌の状態を調べてもらいました。
スキンアナライザーというお肌の水分と油分、色素沈着度の判定・評価、お肌の透明度・トーンを測定する器械で測ってもらったところ、意外な結果が出ました。
お医者さんからは「お肌の水分量は及第点。しかもオイリー肌ではなく皮脂の量も多くない。」と言われたのです。
さらにお医者さんからは「でもニキビはまだあるし、隠れニキビの疑いがあるシミや炎症がある。肌も荒れやすく、ニキビ跡も目立つ」と言われ、「今あるニキビについては、ケミカルピーリングで確実に良くなるだろう。
ニキビ跡に関しては、イオン導入器などの美顔器でじっくりケアしていけばどうだろうか」と指導されました。
こうして私の初めてのケミカルピーリング体験が始まったのです。

ピーリング後、1週間で肌が再生

ピーリング後に、事前カウンセリングで見せてもらったマイクロスコープ画像と比較していくと、その効果は明らかでした。
ピーリング前の画像では、毛穴が目立ち、キメもいまいちでした。
これがピーリング直後には毛穴は変わらないものの、キメが少し悪くなったのです。
しかし先生はピーリングによって毛穴に詰まっていた老廃物や古い角質層が除かれた結果、キメが悪くなっただけで、予想の範囲内だから安心して欲しいと言われました。
そして実際、1週間後の再検査では新しく生まれてきた皮膚によって、キメが整えられ、お肌がつるつるになっていったことが肌触りからも確認できたのです。
こうして私の1回目のピーリング体験は終わりました。
先生からは1週間で効果が現れたのは良い徴候で、肌の新生が終わった後で、これを数回くり返すことでさらにお肌が健康になり、ニキビ跡も少なくなっていくと言われました。
これからさらに続けていくか、費用対効果も含めて、さらに検討してみたいと思います。