イオン導入器で栄養補給とディープクレンジング

イオン導入器の2つの機能

イオン導入器はビタミンC誘導体をただ浸透させるだけの機械と思っていませんか?
実はイオン導入器にはプラスとマイナス、2つの機能があるのです。
ここではイオン導入器のほとんどが備える、栄養補給機能(イオン導入によるビタミンC誘導機能)と、ディープクレンジング(イオン導出による汚れ落とし)の2つの美肌機能について解説していきます。

イオン導入機能で美白・シミ消し

まず1つ目が私のイチオシ機能、ビタミンC誘導体の「イオン導入」機能です。
これは美肌づくりの基本である美白効果のあるビタミンCを、お肌の奥に電気的に浸透させる機能です。
その美白効果は高く、メラニン色素を分解してシミを消すお肌の作用を高めるだけでなく、肌を美しく輝かせるサポートもしてくれるのです。
言わば、美肌の攻めと守りを両方とも支援する機能だと言えるでしょう。

ビタミンCの浸透度は数十倍

ビタミンCは通常の経口摂取でもある程度はお肌に届けられます。
しかしこのイオン導入機能を利用することで、その数倍、数十倍のたっぷりのビタミンCを直接、お肌に届けることが出来ます。
ある実験結果では、ただビタミンCを含んだ美容液や化粧水をお肌に塗ったときと比較して、イオン導入を行った場合、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水が明らかに多く浸透したことが裏付けられています。
大学レベルの実験レポートでは、お肌が作られる真皮で約30倍、表に現れる表皮ではなんと約40倍も浸透度に違いがあったと報告されています。

イオン導出機能で毛穴の汚れを落とす

イオン導入器はマイナスの電気を流すことで、同じくマイナスの電荷を帯びた美容成分を反発させ、磁石のチカラでお肌の奥に押し込むものでした。
一方でその逆であるイオン導出は、プラスの電気を流すことで、マイナスの電気を帯びた汚れの成分を毛穴の奥から引っ張り上げ、磁石のチカラで掻き出す機能なのです。
電気磁石のチカラを利用することで毛穴の奥に入り込んでしまって取れなかった汚れを吸着させて、取り除くことができます。
これにより毛穴の汚れが奥からキレイに掃除され、肌のくすみが取り除かれます。
これがイオン導出機能によるディープクレンジングの仕組みです。